口コミ情報をもとにしてエステで成功した実話

フリーのbiツールは使えない?

ユーザーの視点に立ったbiツールというものが登場しています。ビックデータを取り扱い、どのように活用するかという事例もインターネット上で紹介されています。最近ではフリーでも非常に質の高いものが提供されており、ユーザー側からすれば嬉しいことではないでしょうか。
ビックデータについてはある程度の住み分けがあります。簡単に操作できる代わりに自由度が低いもの、設定が大変な代わりに自分好みにカスタマイズできるものというように分けることができます。個人単位の分析と組織、会社単位で分析するという、分析レベル的な分類もあります。こちらは、リサーチしたものからどのような結果を出すかという点での使い勝手に影響するでしょう。
フリーソフトだからといって質の低いbiツールしかないということではありません。昨今では市販されているソフトに引けを取らないクオリティのものが登場しており、分析したいデータによっては十分な性能を発揮するでしょう。